目的で違うヨガの種類

健康志向の高まりから普段の食生活はもちろんのこと、運動で汗を流す方が増えてきています。様々なスポーツがある中で、身体に負担を掛け過ぎず適度な運動ができるとして人気なのがヨガです。ヨガと一口に言っても沢山の種類があり、何を目的としてヨガをするのかでその内容も大きく異なります。これからヨガを始めようと考えている方はぜひこちらのページを参考にしてください。

ダイエット

女性はダイエットへの関心が男性に比べて強いことから、ヨガ人口の中でもほとんどの割合を占めています。
特に日本人は世界的に見ても体型を気にしやすい人種です。これは決して悪いことではありません。美への関心が高いということは、誰から見ても魅力的な人なのです。しかし、運動に慣れていない身体に運動を強いてしまうと、身体を壊しかねません。
ヨガなら無理なく女性の美に対する願いを実現させることが可能です。こちらでは、ダイエットを目的としたヨガの種類をご紹介いたします。

・クンダリーニヨガ

ヨガの中でもハードな流派です。腹式呼吸を基本とし、短時間に激しく且つスピーディに呼吸を行います。
このことから、火の呼吸とも呼ばれています。効率良く有酸素運動ができるため運動量、発汗量ともに高くダイエットに適していますが、ある程度ヨガの経験を積んでから行うほうがいいかもしれません。

・ホットヨガ

数あるヨガの流派の原型と言われている「ハタヨガ」を室温40度前後、湿度65%前後の環境の中で行います。
ハタヨガにはポーズが数十種類あり、吸う息と吐く息のバランスをコントロールしながらポーズを組み合わせます。
クンダリーニヨガよりも運動量は激しくありませんが、ある程度運動量はあるのでダイエットに適しています。

リラックス

現代はストレス社会と呼ばれるほど、日常生活や社会生活に対してストレスを感じている方が多くいらっしゃいます。
少しでも身体をリラックスさせたいけれど、その方法が分からなければストレスは発散されず蓄積していく一方です。
こちらではリラックスの一環として取り入れられるヨガをご紹介いたします。

・シバナンダヨガ

ダイエットを目的としたヨガに比べると運動量は少ないです。身体を動かすことよりも、精神の安定やリラックスを目的とした呼吸法とポーズで構成されているのが特徴です。そのため、激しく身体を動かすことのできない高齢者の方でも取り入れることが可能です。

・マタニティヨガ

名前の通り妊婦を対象としたヨガです。女性は妊娠中、ホルモンの影響から情緒不安定になることは珍しくありません。
精神状態が不安定だと、赤ちゃんにもその感情が伝わってしまい身体に不調をきたすことが多くなってしまいます。
マタニティヨガでは心と体の癒しを目的としているので、自分自身のリラックス方法を習得できれば出産時の呼吸法にも役立てることができるでしょう。

ヨガは自己流で行うこともできますが、より効果を求めるのでしたらヨガ教室でレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。
様々なプログラムを用意しているヨガ教室なら目的に応じたヨガを行うことが可能です。

東京都内でヨガ教室をお探しなら、ぜひYoga Planetをご利用ください。Yoga Planetでは東京を中心に法人向けのヨガレッスンをご提供しております。社内コミュニケーションやメンタル向上のためにも社内研修の一環としてにヨガを取り入れてみませんか。
レッスンはプロのインストラクターを派遣して行います。

 

 

お問い合せ

Yoga Planet (ヨガプラネット)
〒151-0053東京都渋谷区代々木1-12-2スタジオフラット1F
Black Pigeon Inc.Studio Flat 1F
Yoyogi 1-12-2, Shibuya Ku, Tokyo 151-0053
Tel:(81) 03-6821-5013
Fax:(81) 03-5304-3885
Email:info@yogaplanet.jp